夕暮れのしおぽん

フルート修理勉強しながら、絵を描いたり曲作ったり写真撮ったり。だらだら。

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

差別というか何というか。  

自分も言えたことじゃないが、頑固な人は嫌いだ。

今日のリハーサルで、隣の人が見つけたというフルートのかなり高い音のトリル(2つの音、大体は隣同士-ドとレとか-を速く繰り返すこと)をみんなで吹いていたのだがどうもおかしい。少なくとも、周りのハッピーな音をぶち壊すようなトリルをしてるのだから。

前から、
『これ絶対間違ってるって。うちらフルートだけ音がめちゃくちゃ合ってないじゃん。しかもラストパートで』

しかしながら周りは
「いーやこれであってる」
「これでいいじゃんもう」
「そんなものでしょ」
などと。

それでもって気になった自分は調べて見ると、予想通り隣が回りに教えていたトリルは半音トリルだった。どうりで音が変なわけだ。
それをとりあえずトップの人に言うと

「あー、そうなんだ。うんどうでもいいわ」

・・・おいまてやネエちゃん。トップに座ってて言うセリフじゃネエだろコラ。

トップがこの調子じゃあ、もう・・・そりゃ、もう秋学期ももう終わりに近いのだから疲れるだろうけど今更面倒くさいって・・・

多分周りには言わず自分だけ直すと思う。教授には何か言われそうだけど、もう気にしない。

隣も差別系の笑えないジョークを繰り返す(本気で言ってるわけじゃないから余計タチが悪い)ヤツだし、時々日本人だからってナメられてる気がする。少なくとも教授の言う

「みんなお互いの意見を尊重してる」

って言うのは思いすぎだと思う。

・・・まぁ、もっと上のレベルを目指すモチベーションになっていいけどさ。変な理由だけど。

人が嫌いになる理由を見つけるのはここアメリカに来て多くなった気がする。

category: 日常

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://shioponferret.blog.fc2.com/tb.php/24-e715c699
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。